トップ > 骨盤のしくみ > 骨盤の構造

◆ お悩みや興味のある事を検索 ^^




あなたは次の6つで困っていませんか? 骨盤矯正・猫背・O脚・出尻・ポッコリお腹・ダイエット 6つまとめて解決できて美しい プロポーションになる方法があります!
詳細はこちら!!

骨盤の構造

骨盤のしくみ


骨盤は寛骨・仙骨・尾骨から形成されていますが、そのしくみ
をざっと解説いたします。

・寛骨とは
  骨盤の左右にあって、お尻の立体感を形成しています。
  思春期までは『腸骨・恥骨・坐骨』の3つの骨に分かれていて
  軟骨で結合されています。
  骨盤内の内臓を守る役目をしていて、骨盤の開閉が困難にな
  ると、肥満・便秘・不眠・生理痛などの症状がでたりします。

・仙骨とは
  腰椎の下部にあって、寛骨と擦れ合うように『仙腸関節』を形成
  しています。
  この関節は他の関節と違って、大きく動く役割はありません
  が、微細な動きですが重要な役割をしています。
  動きが悪くなると身体に様々な影響を及ぼします。
    
・尾骨とは
  仙骨の下部にあり尻尾が退化したものです。


女性の骨盤は妊娠・出産を経験するために、男性の骨盤よりも低い位置にあり、骨盤腔は胎児が通りやすいように幅が広く大きく丸くなっているのが特徴で、骨盤腔が広いことで腰回りが大きくなり、少しの骨盤の歪みが下半身太りを引き起こす原因になり、O脚やX脚も引き起こしやすくなります。

この記事のカテゴリーは「骨盤のしくみ」です。
関連記事

骨盤の構造

骨盤のしくみ 骨盤は寛骨・仙骨・尾骨から形成されていますが、そのしくみ をざっと...